ネットワークビジネスでコンプレックスが増える・・・何が悪い?

ネットワークビジネスでコンプレックスが・・・何が悪いの?

「私、実は、ネットワークビジネスしてるのよー」
「えー、ねずみ講とかってやつに騙されてるんじゃない?あまり感心できないわね・・・」
「え?何が悪いの?」

ネットワークビジネスをしてるってだけで、こんな会話になる現実・・・何が悪いんでしょう?

ネットワークビジネスの評判があまりよくない中、勇気を出して勧誘、口コミをしたのに、心無い言葉が返ってくると、だんだん自分自身にコンプレックスを感じるようになりますよね。
周囲から「やめとけー」というオーラも感じますし・・・

ネットワークビジネスこそが、コンプレックスをさらに増やしてしまう原因になっているとも感じますね。
「私なんてコンプレックスの塊よ」と自分を下げていうのですよ。

・私は、美人じゃないし
・勧誘しても、魅力がないから誰もOKもらえない
・口下手だし、うまく良さが伝わらない
・人見知りだからアポすらとる勇気ない
・友達に嫌われたくないからという弱さ
・上がり症だから、ネットワークビジネスは厳しいわ

そもそも、日本人は奥ゆかしいので”自分に自信満々”って方は、あまり存在しないかわりに、何かしらのコンプレックスを抱えていきている人が大半なのではないでしょうか?
自信がなかなかもてない上に、さらに自分ってダメだなーって思わせるネットワークビジネスの勧誘が原因で、すぐに、あきらめて、やめてしまう方が絶えないのかもしれませんね。

ネットワークビジネスは、副業的なビジネスですから、自信喪失するまで頑張る必要もないと私も思います。

それこそ、コンプレックスの何が悪い?

ある方がおっしゃっています。
「コンプレックスを強みにする」と。
そうなんです。

コンプレックスをコンプレックスのまま終わらせないんですね!成功者は!!
誰にでも、苦手なこと、不得意なことはあります。
育った環境による人格形成も大いに関連するかもしれません。
いろんなネガティブ要因は、実は、そのままでいいんです。
無理しなくてもいいんです。

その代わり、あなたしかできないことを見つけて誰かに何かを与えてみてください。
「そんな与えるなんて私には・・・」

そうでしょうか?

あなたがコンプレックスで悩んだことが、誰かを励ますことに繋がります。
当人にしかわからない悩み。
なったことがある人しか味わえない悩み。
そういう方の希望になれたら、与える人になれますよね。
成功者と呼ばれる人はコンプレックスの固まりだそうですよ。
では、なぜ成功者になれたのか?
それは、自分にあった場所、やり方、生き方を堂々と選択しているからです。

普通は、みんなと同じようにできないと”落ちこぼれ”という常識のようなことにとらわれず・・・
ということは、コンプレックスを感じる人は、自分自身をよくわかっている人。
自分を客観視できている人だからこそ、その道のプロフェッショナルになれるのではないでしょうか。

ネットワークビジネスに当てはめると

勧誘する勇気もなく、口下手で、うまく話せない。
友達もそんなにいないし。
だったら、友達に勧誘口コミしない方法を選択すればいいだけじゃない^^
あなたに合ったやり方が一番成功を加速させます。
私自身も、勧誘でコンプレックスを増やし自信を失った一人です。
コンプレックスがあって、何が悪いの?
コンプレックスがあったから、私に合った方法で成功できていますよ♪

あなたのコンプレックスが強みになるネット集客法
あなたの応援が励みになります♪
にほんブログ村 小遣いブログ SOHO・在宅ワークへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です