ネットワークビジネス電気事業参入に賛否両論!

ネットワークビジネスの商材が電気!

ここ最近、
電気小売事業」に参入するネットワークビジネス企業が、
増えそうな情勢ですよね。

ネットワークビジネスといえば、
サプリメントが王道ですね。

次いで、化粧品や日常消耗品が
メインという長い歴史がありましたね。

やはり、
「リピート率」が決め手!
では、
電気という商材はどうでしょう?

電気も確かに消耗される、
生活必需品です。

毎月何気に支払っている電気料金を、
ネットワークビジネスという仕組みを利用して、
既存会員が、家庭の電気料金をより安く
利用できるようにするというメリットが
目的なのでしょうね。

電気の自由化によって、
大手のネットワークビジネス企業が、
従来の商材にプラスして
顧客満足度アップと事業拡大を目指しているようです。
毎月の利用電気量金の数%を還元する仕組み?

ニュースキンやナチュラリープラスなどがそうですね。

携帯電話や生保、損保などを商材にしている
ネットワークビジネスもあります。

ここで、賛否両論!

アンビットエナジーのように、
通信を商材として、理念も掲げている企業は
わかりますが・・

これまで、健康や美を提供するという
理念を掲げてきたネットワークビジネス企業が、
「電気」という、全く違うものを取り入れることは、
企業のストーリー性を大事にする
ネットワークビジネスとしては
「あれ?」と想う方もいるかも?です。

会員の生活をより豊かにするという点では、
ストーリー化できますが、

結局、「あれもこれもか」と
企業の歴史や価値が薄っぺらくなると感じる場合もありますよね。

例えば
明治から創業の老舗そば屋さんが
カレーライスを販売しはじめるような印象・・??

反対に、
今は、多様な顧客ニーズに幅広く
対応する時代変化と考えれば、
会員が豊かに幸せに繋がることであれば、
クロスセルのような販売方式もあり?
ネットワークビジネス業界の
変化なのかもしれません。

特に、商材を毎月購入するのが
流通基盤になっているネットワークビジネスの
仕組みからいうと、
今、生活で必須となっているものを
商材にすることで、報酬還元されることに
お得感を感じる方もいるのかな?と。

今後の電気事業の貢献度が、
ネットワークビジネス業界から注目されるでしょう!

口コミではダウン獲得を維持できなかった

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です