ネットワークビジネスが誤解される3つの行為とは?

ネットワークビジネスが誤解されやすい3つの行為とは?

ネットワークビジネス誤解されがちで評判がよくない?

ネットワークビジネスを誤解してるしている人からの評判でしょうか。
評判が悪いのはネットワーカーが誤解させる行為を積み重ねてきた歴史。

その結果だから・・

かといって、ネットワークビジネスが誤解されっぱしっていうのも残念ですよね。

さて、

ネットワークビジネスが誤解される3つの行為とは何でしょうか?

1・ネットワークビジネスだと勧誘する相手にあらかじめ言わない

【ブラインド勧誘】が一つ目です。
違う目的で会う約束と取り付ける。
最悪ですよね。

勧誘されたほうは、たまったもんじゃないです・・

『堂々とビジネスできないものを人に勧めるべからず』です。

2・契約書類がある場合は代筆禁止です

「名前だけ貸して・・お願い」って聞いたことないですか?笑
こんなことはモラル違反ですし、ネットワークビジネスの評判を下げる行為ですよね。

こんなことまでして、ビジネスを続けたくないというのが本心でしょう。

何よりも、お願いされた相手がどう感じるでしょうか。

「ネットワークビジネスって大変なんだ!」
「人の名前を使わないとうまくいかないビジネスなんてしたくない」
「怪しいし、騙されるかも」

評判を下げる行為はやめましょう。

3・タイトル昇格のためにダウンを動かすイメージ

自分の利益のためにダウンを動かすなんて、もってのほかです。

ノルマを与えたり、無理に製品を買わせたり。

そんなことしたら、ダウンは壊滅し、そして自分も崩壊です。

タイトル昇格したければ、自力でダウンを作りお手本にならないと!

「結局、おまえのための道具かよ」
「お前のためになんてやらないよ」

ネットワークビジネスが誤解されます。

他人に迷惑をかけるようなやり方では、
評判ガタオチ!製品はリピートしてもらえません。

ネットワークビジネスは本来、素晴らしい流通の仕組みなのです。
結局は、自分の利益のために「売り込み」するから誤解されるのです。

もう「売ろう」「買わせよう」というやり方では成功が遠のくということ。

3つの誤解を招く行為をやめたらうまくいかないのなら
あなたは既に失敗しているということ・・・

だから私は勧誘自体を一切やめてしまいました。

勧誘するから上手くいかない理由

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です