ネットワークビジネスはアップ次第で何が決まるか!

ネットワークビジネスはアップ次第?

ネットワークビジネスでは必ずアップが存在します。

そしてネットワークビジネスの組織上、必ずアップとダウンが必要です。

ネットワークビジネスのアップとは?

アップとは、ある販売員から見て、その人を勧誘・リクルートした販売員や、さらにその人を勧誘した販売員の系列を含めた一連の人々を指します。

直接自分を紹介してくれたアップを直アップ。

系列のこと自体をアップラインといいます。

アップからは、勧誘方法からトークの内容を指導してもらいます。

特に、直アップは、密接に繋がっていく関係になります。

ネットワークビジネスをしている限りは、一生のお付き合いになるでしょう。

アップ次第で自分の成功が決まる?

これは、現実そうなのかもしれません。

アップが多くのダウンを排出し、ビジネスのノウハウや知識、勧誘時のお手本を見せてくれるようなやり手であれば、ダウンは成功者から様々なやり方を吸収できますよね。

ビジネス初心者にとっては、鏡のような存在です。

「あの人のようになりたい」って憧れを抱くようなアップを持ったダウンは幸せです。

自分を成功の方向に導いてくれるからです。

これは、ノウハウや知識もしかり。。。

やはり、人間性なのではないでしょうか?

ネットワークビジネスでは、製品の良さやビジネスプランの良さも重要です。

しかし、「人間はその人間に付く」といった要素があります。

紹介してくれた方の人間性を買って。。。みたいなところってありますよね。

だから、ネットワークビジネスは人から人へ直接伝えていくビジネスだけに、人間性にも磨きをかけていかなければいけないビジネスだとも言えます。

そして、コミュニケーションビジネスです。成功するための、組織拡大にはアップとダウンの協力が不可欠です。

アップとの人間関係に悩んで挫折

よく聞くのが、アップとの人間関係が上手くいかなくてビジネスをやめてしまったということです。

これは、相性が悪い云々というよりは、アップの指導力のなさ、人間性が問題なのでは?

もちろんダウンの側にも努力不足とか色々あるとは思いますが。。。

アップが自分にとってマイナスな存在ならば、アップラインのほかの方に相談したりアドバイスを受けるとか、やり方はたくさんあると思います。

そして、何よりも自分がアップに頼る形ではなく、アップから学び取る、アップから吸収するという姿勢が大切だと思います。

アップは上司ではなく良きアドバイザー

一般企業では、ビジネスを教えてもらう人は、上司になります。

ネットワークビジネスでは上司というニュアンスではなく、良きアドバイザーです。

分からないことや、不安なこと、遠慮せずに何でも相談し、成功の方向へと引っ張ってくれる人ですね、
なので、遠慮せず、質問することですね!

「質問する人は伸びる」といわれているように、ビジネスで成功したいと真剣に悩むからこそ質問が出るのです。

アップはダウンの質問は成長の証として喜んでアドバイスしてくれるはずです。

アップといえども、同じ組織構築を目的とするビジネスパートナーですね!

お互いを高めあえるアップとダウンの関係がグループ拡大が、
ネットワークビジネス成功の鍵ではないでしょうか?

あなたがアップになれない理由は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です