ネットワークビジネス報酬プランを知っとこう・その4

今日はネットワークビジネス報酬プラン最終章・ハイブリットマトリックスについてご紹介します。

ネットワークビジネス報酬プランは複雑なものが多いですが、大事な収入源のことなので、
しっかり基本だけは理解しておくことをおすすめします。

ハイブリット

ネットワークビジネス企業ではハイブリットはブレイクアウェイやユニレベル、バイナリーの短所を補うために開発された画期的な報酬プランです。

「他のものを組み合わせる」という意味を持っています。

各報酬プランの長所を生かして、より早く多くの収入を得られるようになっています。

例えば、[ユニレベルとステアアップ]など2つ以上の異なったプランを組み合わせるシステムです。

最近では、ほとんどのネットワークビジネス企業がこのハイブリット方式を取り入れているようです。
ハイブリットによりユニークで参加者が恩恵を受けられるように、他のプランを組み合わせるので特徴も様々ですね。

ただ、2つ以上の報酬プランを複合させた分、複雑になり、説明が伝わりにくくなる点もあります。

また、それぞれのプランの還元率の幅にも限界があるので、どちらの報酬プランが「主」「副」となるかという関係で機能させなければいけません。

それぞれのプランを活かし、参加者に価値的な恩恵をもたらす報酬プランが
ハイブリットの素晴らしいところなのだと思いますね。

マトリックス

マトリックスには「行列」という意味があります。マトリックスの特徴は、自分が出した紹介者を直接スポンサーできる人数が決まっているのが特徴です。

企業によって決められた人数は違います。

この人数を2人に限定しているのがバイナリー方式ですね。

例えば、3系のマトリックスを採用している企業なら、5人までは自分が直接スポンサーできる、直ダウンにすることができます。

これが、6人目以降は、スピルオーバーになります。

つまり、6人目は直ダウンのうちの誰かのダウンになるのです。

自分が誰かを紹介できなくても、アップの人が自分にスピルオーバーしてくれるので、どんな人でも収入を得やすい方法といえますね。

アップのがダウンをつけてくれる?みたいな甘んじた考えを持ちやすくトラブルになる危険性もなくはありませんね!

以上、これまでネットワークビジネスの代表的な7つの報酬プランをご紹介しました。
さて、どの報酬プランが一番成功しやすいのか?

自分に合っているのかしっかり選んで成功を手に入れて欲しいですね!

どの報酬プランでも共通していることは「自分から紹介者(ダウン)を出すことが条件」ですね。

友達に内緒でダウンを増やす方法?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です