ネットワークビジネスのクロージングで滑らないために

ネットワークビジネスに限らず
ビジネス全体用語でもあるクロージングとはどういう意味なんでしょうか?

クロージングとは、営業をかけて注文をいただき 契約をもらうことです。
簡単に言うとお客様との売買取引を考量することであり代金・商品の受け渡しを終えることです。
契約完了のことですね。

ネットワークビジネスでは口コミ、勧誘という形で展開しています。

製品を購入し、一緒にネットワークビジネスをしてくれる仲間がサインアップするとこで契約完了です。
口コミや勧誘では、とくにクロージングで失敗しないようにアップの方などの応援をもらうことはよくあることです。

現実、せっかく見込客が見つかっても
最後のクロージングに失敗して今までの苦労が水の泡!!

なんていう営業マンも少なくないのではないでしょうか?
ただし、お客様が既に商品を買うことを決めている場合は
クロージングは必要ないわけですね。

クロージングが必要になってくる時とは、お客様が契約しようかどうしようか迷っているタイミングの時です。

私も経験がある方ですが なんとなく欲しいなあーと思った商品でも、

一晩寝たら。。。

やっぱりいらないなーと気持ちが冷めてしまうことってよくありませんか?
クロージングで失敗しない方法とは・・・

タイミングにあるのではないでしょうか?

いくら営業 上手な人であっても、タイミングを外してしまえば
クロージングに失敗してしまうということになるのです。

特に口コミという方法を営業媒体にしている
ネットワークビジネスにおいては、クロージングのタイミングが非常に重要なポイントになってくると思います。

成約に焦ってクロージングをかけた結果、
せっかくのチャンスを逃してしまうということもあります。

反対に相手がくるのをひたすら待っていても
クロージングという大事な行為を
放棄しているということにもなりますよね。

クロージング話たたみかけすぎてもだめ
タイミングが遅すぎてもだめ
とても難しいものです。

クロージングに成功するためには相手のタイミングを感じ取れる
鋭い感覚を身につけることが一番大切だと思いますね。

*成功と失敗の分かれ道は、
タイミングをつかみとる人と外す人ですかね?

私のネットワークビジネスの中でのつたない経験ですが、
成功できるネットワークビジネスの人は
クロージングの期間がとても短いですね。

やはり自信を持って製品やビジネスを勧めるこちら側の姿勢が
相手に伝わるので自信のないような態度は、
クロージングの失敗につながりますね。

結論としては、
相手の心理を敏感に備え感じるアンテナをもつこと。
タイミングを間違えないことですね。
それはネットワークビジネスでの
口コミの経験によって培われてくるものではないでしょうか?

24時間いつでもタイミング提供できる方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です