ネットワークビジネス ビルゲイツの格言に学ぶ②

ネットワークビジネスの成功者を目指している方へ
ビルゲイツの格言の中から私自身が好きなものをご紹介したいと思います。。。

ネットワークビジネスは口コミで伝え広げていくビジネスなので、
ビルゲイツなど、成功者の格言がマインドに反映されて成果に繋がると思います。

ネットワークビジネスほど一個人にとってチャンスを秘めたビジネスはありませんよね。

ビルゲイツの格言からネットワークビジネス成功のための思考を学びましょう!

第二段ですがもう一度彼の経歴をご紹介しますね。

ビルゲイツ氏の経歴について

ビルゲイツ・ウィリアム・ヘンリー・ゲイツ3世。
アメリカの企業家、プログラマー、マイクロソフトの共同創業者。
シアトル出身。

高校生時代からコンピューターに興味を持ち、DECでの
アルバイトを経て、同じくマイクロソフト共同創業者の
ポール・アレンとともにソフトウェア製作会社トラフォデータを創業。
その後、ハーバード大学に入学するが、休学し
マイクロソフトを設立し、世界的企業へと成長させた経営者。

ビルゲイツの格言

親の応援の大切さ

父も、母も息子が一流大学を中退して、
誰も聞いたことがない「マイクロソフトコンピューター」

なんてものの会社を始めると聞いて、内心がっかりしたと思う。

それでも、二人がずっと応援してくれた。。。。

さすが、ビルゲイツ氏のご両親!

なんて素晴らしい!と私は感動し、共感しました。

というのも、私には幼い頃から父がおらず母は
私のすることに一度も反対したことがないので、
どこか、母と重ね合わせてしまいました。

人に迷惑をかけることだけは反対しましたが
私がやりたいことを最大に尊重し励ましてくれた
母に育てられたから、何にでも挑戦できる自分になれたのでは?と感謝しています。。。

ビルゲイツ氏のご両親も一流大学を中退したにも
かかわらず、息子を応援し続けてくれたからこそ
あのような偉大な業績を残すまでの成功者になれたのでしょうね。。。

人は、特に日本人は、人と同じことを出来なければダメな烙印を押され
変人扱いするところが強いとは思いませんか?

人と同じように学校へいって、人と同じように働いて
人並み外れた事をすると、認めてもらえない。。。

人と同じことをさせようとする人は
ある意味、その人の個性や才能をつぶす人。
その人を心の底から信じていない人。
なのかもしれません。

どんなことがあっても、人から何を言われても
その人の可能性や才能を信じ続けることができるのが
親であってほしいですね。

親の愛と信頼があれば、人は才能を最大に発揮できるのかも
しれません。。。

そのことを証明してくれた偉人がもう一人います。
天才エジソンです。

彼は、失敗を恐れなかった。

電球の発明に取り組んでいた時のエピソード。。。
一万回の失敗に驚く友人に「オレは、一回も失敗なんかしてないよ。
うまくゆかない方法を1万回も見つけたんだ!」と。。。

失敗にくよくよせず、意味を見出そうとする姿勢が成功を生んだ。
彼の人生自体が失敗続き。。
小学校を3ヶ月しか通わず、その期間すら教師から心無い言葉を
浴びせられた。

彼の活躍は、息子を信じ抜いた母ナンシー抜きでは考えられない。

母は言った。。。
「いい子になったら、言うことを聞いたらという条件をつけたことは
一度もありません。ありのままのトーマスを愛しました」

両親の励まし、母の愛が彼らを成功者に導いた実話です。

私の母も何があっても、私の味方で信じてくれた。

実は、私の長女も6年生の終わりから学校へ行っていません。

人がなんと言おうが、私は娘を心の底から信じています。

娘に秘められた才能は学校という型にはまったところで
押しつぶされてしまうと思いました。

娘は自由人です。芸術肌でもあります。たくさんの才能や感覚を秘めています。
それを信じて伸ばしてあげるのが親である私の役目だと思っています。
ありのままの娘を愛しています。

皆さんがネットワークビジネスや起業などで成功者になるためには親とは限らず、
誰かが自分の成功を信じてくれているという背景がとても大切なんですね!
私は以下もとても大切だと思います。

自分自身が誰かの成功を信じて応援し続ける。。。
自分自身が自分の成功を信じ続ける。。。。
成功者のマインドですね☆

ネットワークビジネスで成功者になりたい方へ

成功者は誰も誘わない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です