ネットワークビジネス成功のコツ!必要な1%の力とは?

ネットワークビジネス成功コツは?

ネットワークビジネス成功コツにはどんなものあるんでしょうか?
ネットワークビジネス成功コツ
勧誘、口コミが要なので、話術力に長けているってことでしょうか?
それとも、勧誘で断られてもめげない精神力が
ネットワークビジネスの成功者を生むのでしょうか?
先日、鎌田實氏の「1%の力」という本をパラパラと読みました。
すごく感銘を受けました。
その内容を少しご紹介したいと思います。
都道府県別の平均寿命で男女ともに1位の長野県。
短命な人も多かったこの県で住民の健康増進に努めてきたのが、
諏訪中央病院名誉院長の鎌田實さんです。
患者さんとの出会いから気づいた人生を変える「1%の力」について語られています。
鎌田さんは諏訪中央病院で赴任した40年ほど前から
「健康づくり運動」を住民に呼びかけてきたそうです。
その中で、呼びかけ続けた言葉があるそうです。
それは「1%だけ生活習慣を変えてみませんか」だそうです。
それが1%の力につながるのか?
冬の寒さが厳しい長野県では塩を使った漬物などの
保存食が定着していて塩分の取りすぎによる
脳卒中で亡くなる人も少なくなたっかようです。
特に、高齢になるほど身についた習慣を変えることは
大変ですよね。
そこで、100%は無理でも「1%なら」変えられるのでは?
と思ったそうです。
減塩の効果が現れてきたら、次は野菜の量を増やし、
質の良い油に変えたり、ひとつずつ取り組んでもらい
日本一長寿の地域づくりに成功したのです。
また、長野県民の長寿の理由のひとつに
高齢者の就業率の高さが関係していると。。。
つまり「生きがい」をもっているかどうかですね。
生きがいは仕事だけに限らず「誰かの役に立つ」ことでも
感じられることです。
人を大切にすると、脳内の「オキシトシン」という神経物質が
分泌され、高血圧を防ぐ役割があるそうです。
これを「幸せホルモン」とか「思いやりホルモン」と
呼んでいるそうです。。。

鎌田さんはどんな時もあきらめずに、患者さんと一緒に生きる
意味を探し、あと1%にこだわる医療を続けているそうです。
その中で余命数ヶ月と言われた人が元気になって何年も生きた
事例をたびたび見てきたそうです。
このような1%の力が1%の奇跡を起こす。。。
人間は、自分を大事に利己的に生きながらも
他人を大切に利他的に生きられる動物ですと。。。
「1%は誰かのために」小さいけれどもとてつもない力。。。
私は、この記事を読んで、
まさにネットワークビジネスに不可欠な精神ではないかと思いました。
自分だけではなくダウンさんのために、アップさんへの恩返しに。。。
ネットワークビジネスはある意味チームプレイですよね!
自分の成功だけを考える利己主義の方は本当の意味での
成功者にはなれないと思いますね。
例えば、ネットワークビジネスで素晴らしい製品に出会ったら
「あの人の健康維持のために使ってほしい」とか
「ビジネスプランがすごいからあの人にも教えて成功してほしい」
などなど。。。
自分だけではなく、たった1%誰かのために注ぐ力が奇跡を起こすと信じて、
自分のビジネスに誇りをもって活動することが
真のネットワークビジネス成功コツなのではないかと感じました。

迷惑かけない集客法