ネットワークビジネスと保険代理店の意外な関係!

ネットワークビジネスと保険代理店

保険代理店をしている方は、ネットワークビジネス
副業とするのは禁止されているのでは?という質問を
ある記事で目にしたことがあります。

確かに、保険営業で得た個人情報をネットワークビジネス
流出する危険性を感じますよね。

保険会社の規定にもよるとは思いますが
副業は認められている方が実際には多く

ネットワークビジネスを兼業している方も多いです。

生命保険で得られる募集手数料は皆さんが思っているほど
多くはなく、ネットワークビジネス同様新規顧客=ダウンを増やさないと不安定ですね。

保険代理店1本で生活していくのはかなり厳しく
相当の顧客がいないと無理ですね。

なぜなら、私自身がそうだったからです。

私も一人で保険代理店をしていました。

もちろん、副業は認められています。

副業をしている方のほうが多いんですよ。

生命保険といえば、勧誘が激しいイメージが
ありますよね。

会社のノルマがある人は、結構あつかましく
保険獲得していますよね。

生命保険セールスレディは水商売と同じだと
よく聞くことがあります。

生活がかかっていますから、トークも営業スタイルも
激しくなってしまうのでしょうか?

お客様にとって無駄のない節約プランをモットーに
プランニングして提案するように心がけていました。

話は、戻りますが保険代理店の営業で得た個人情報を
ネットワークビジネスに使うことはあるのでしょうか?

この時代ですから、生命保険代理店は金融庁の管轄のもとで
厳しく管理されています。昔より遥かに厳しいですよ。
年に1回の代理店検査などもありますし。

 

もしそんな違法な事をすれば、お客様の信頼を失うだけでなく
即代理店委託契約を取り消され、本業がなくなってしまいます。

副業のネットワークビジネスのために
そんな危険を犯す人はいないでしょうね。

また、個人情報を利用する必要がないからです。

生命保険募集は9割以上は対面販売です。
もし、仮に非対面であったとしても
ネットワークビジネスも対面して勧誘するので
個人情報など必要ないですよね。

まれにネットで保険営業する場合にネットワークビジネスの
個人情報を使っても、相手にわかりますよね。

なので保険営業の対面の際に、ネットワークビジネスの
勧誘も同時に行っていけば一石二鳥だという方も
いらっしゃるのではないでしょうか?

私の場合は、上記のやり方は心情的にできません。

いくら相手にとっておすすめできる内容だと思っても
保険もネットワークビジネスも
勧誘したら、嫌がられるからです。

保険勧誘の上にまた勧誘だなんて
本業の保険のお客様が減っては困りますからね。。。

誰一人勧誘しないでダウン候補が集まる方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です