ネットワークビジネスで個人事業主の「まさか」対策を!

ネットワークビジネスは個人事業主のまさか対策になるか!

ネットワークビジネス個人事業主が働けなくなった時の権利収入であなたを守ります!

個人事業主はやりようによっては空き時間を作れるので、ネットワークビジネスに参加されれいる方が結構いらっしゃるんですよね!

ネットワークビジネスは個人事業主が副業として出来るのが魅力の1つでもあります。

みなさんは、病気や怪我で働けなくなった時にどのような支援や対処法があるかご存知ですか?

日々の生活の中での、避けられないリスクは誰にでもありますね。

万が一、こんな状態になったら会社員、公務員、自営業者である個人事業主など勤務先や働き方によって公的な支援策は大きく違うようです。

万が一のために、自分の場合はどのような保障や支援が受けられるのか知った上で、心配な点は、個人的に対策をしておくのが安心ですよね。

例えば、会社員の公的な支援の1つに「傷病手当金」があります。

これは、非常に心強い制度で「病気などで働けなくなった時、連続3日以上休業した場合、4日目から最大1年半の間、1日あたり標準報酬日額の3分の2が支給される」

この存在さえ知らずに働いている方もいるとか・・・。

素晴らしい保障制度ですね。

これは保障の一部でまだ他にも保障されている会社員は安心です。

それに比べて、個人事業主には国民健康保険から病気や怪我の際に給付金を受け取ることはできます。

が・・・

休業中の生活保障が全くありません。

個人事業主は自由に働いて収入を得ているというイメージがありますが、その一方で業務中の病気や怪我でも労災保険はなく国民健康保険の3割負担で治療などを受けられるだけなんです。

いざという時には会社員以上の備えが必要になりますね。

私自身も個人事業主なので、身体が資本です!

実際、数ヶ月前に主人が出張のため長距離運転のし過ぎで足が腫れあがり、1週間仕事が出来ない状態にはじめてなりました。

たった1週間でも、毎日の売上げがないことがどれだけ不安なことかを痛感しました。

でも、我が家は主人が働けなくなった時のために「所得補償保険」に加入していたので、入院しなくても8日分の日割りで保険金をいただくことができ、仕入れ代金に当てることができました。

でもこれが、1年2年となったら、上限もあるので本当に不安です。
健康第一、いくら気をつけても回避できないリスクがあります。

そんなときはやっぱり貯蓄が必要ですね。。。

しかし、今は経営困難な個人事業主、借金を抱えた個人事業主がたくさんいます。

貯蓄をしようにも、借金の返済や運転資金で消えていきます。

年金や退職金のない個人事業主はどれだけ備えをしなければならないの??

そんな時のための秘策とは・・・

ネットワークビジネスで勧誘しなくても成功できる方法・・・。

いかにも、怪しげ??

でも私は、パソコン一台で空き時間に勧誘せずにダウンを集客することに成功しています。

💡空き時間のつくりやすい個人事業主
💡個人事業主としてのセンスをお持ちの個人事業主
💡個人事業主こそ

ネットワークビジネスで成功できる方なのです。
勧誘しないネットワークビジネスで資金づくり!!

勧誘しない集客法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です